北欧の予防歯科の歴史

なってから行う治療ではない

歯医者さんに通院するきっかけは何ですか?
日本の場合、痛みを感じてから治療するために通院するのが一般的でした。
定期的に通う方も増えていますが、まだまだ、治療の目的で通院を始める方は多いです。
子供の虫歯がゼロという北欧地域では、虫歯や歯周棒になってからの治療ではなく、予防のため、あるいは、虫歯や歯周病の治療が終了した後、再発を防ぐためのメンテナンスのために通院する、ということが一般的なのです。
目的は予防。
北欧の国・スウェーデンでは、虫歯の有る、無し、にかかわらず、国の政策として定期的な歯科検診を受けることが義務となっているのです。
虫歯や歯周病の診断はもちろん、口腔内を健全に保つためのプロフェッショナルである歯科衛生士によるクリーニングや自宅でのケアに対するアドバイスなども受けているのです。

日本での予防歯科の普及

予防歯科先進国といわれる北欧諸国では、予防歯科受診率は80~90%。
国が政策として行っていることもあり、驚異の数字です。
これに比べ、日本での予防歯科受診率はわずか5%。
虫歯や歯周病を未然に防ぐ歯磨き粉や口腔内洗浄液などがメーカー各社から発売され、意識は高まっていますが、まだまだ一般的に普及しているとは言えない数字なのです。
高齢になると、虫歯や歯周病によって歯を失う確率が高く、「若い時にやっておけばよかったこと」についてのアンケートでは、「歯の定期健診を受けておけばよかった」という回答が一位に来ている、という結果もあるほどです。
この様な日本の状況から、北欧式の予防歯科を掲げる歯医者さんが増えています。